4月のある日、行ってきました「乃木坂Artworksだいたいぜんぶ展」

「アイドルのアートワークなんてなかなか無いよな!」という言い訳で自分を納得させて向かいました。
場所は六本木と麻布十番の間のソニーミュージック六本木ミュージアムです。どうやらこのイベントがこけら落としだそうで。
さすが天下のSONY様です。エンターテインメントとセンサーが強い。

余談は置いておいて、所感を。
デビューからこれまでの乃木坂46のアートワークの資料を出しちゃおうというこの展示。自分のような写真業界に片足だけしか突っ込んでいない人間にとってはありがたいイベントであります。写真を取り巻く環境がわかると思ったからね(恥

しかし、その実はいかに乃木坂46をアピールしていくかということを、
これでもかと、人生を賭けてでも、遂行している方々の成果を観られる展示でした。
アートディレクター、デザイナーがどのように映像、衣装、ジャケットなどなど、私たちが得られる乃木坂46のビジュアルに影響を与えているかを断片的に知ることができる展示です。本業の方々はすでに知っていることなのかもしれませんが、私にとっては金言です。めっちゃ面白い展示でした。

そしてやっぱり乃木坂46のメンバーはビジュアルがすごい。
すでに芸能界引退をしている橋本奈々未さんの未公開ビジュアルを観られたのは個人的にはすごい感動ものでした。それこそ、そこかしこにあるメンバーや卒業メンバーのサインよりも感動しましたね、ええ。

あとは、SONYの技術を利用した独自の4K映像はマジですごいです。YouTubeとかツイキャスとか、劣化した映像を普段見ていた私としては、その高精細さは衝撃的でした。乃木坂46のライブ映像欲しくなっちゃうな〜。

衣装がある場所は写真OKだったのでパシャパシャと頑張って撮りました。
単焦点のみだったのでひたすらに自分が動いて撮りました。「髭面の男が一人でアイドルの衣装を熱心に撮っている」という光景はかなりヤバみを感じますし、周りの方々がドン引きだったかもしれませんが、もう開き直っているので気にしない方向でいきます。

撮影OKだった場所の写真を少しだけ。。。

卒業された西野七瀬さんの衣装がフロントに飾られておりました。卒業コンサートでの衣装など、ここに載せている写真以外の衣装も飾られておりました。

5月中旬までの展示期間のうちに、展示は何回か変わるそうなので、

面白そうなものが追加されていたらまた行こうかなと思いました。

乃木坂46のアルバムを聴きつつ、新幹線で名古屋に帰りましたとさ。

うん。いいよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。