4月のとある日にとあるワークショップへ参加してきました。

1ヶ月も経って「何を今頃ブログにしてんだ!」と自分でも思っていますが、
ワークショップの内容が濃かったので自分の中で消化するまでに時間がかかってしまいました。
まあ、まだ消化し終わってないのですけれど。。。

参加したワークショップはご存知の方はご存知の「VoidTokyo」さんが主催されているものです。

東京の今を切り取るこの団体、メンバーの皆様の写真がとにかく凄いです。
何がどう凄いかは私の語彙では言語化することが難しいですが、
頑張って言うのであれば、”強い写真”です。
街と人と、生活する人の息遣いや、カメラを向けられた人の声が聞こえてきそうな写真、都市空間の中にある光と陰が織りなすカタチ、などなど、
本当にたくさんの人がいるのだなあと思える写真ばかりです。

そんなVoidTokyoさんがこのたび初のワークショップを開催するとのことで、
行くしかない!と発奮して、少ないお小遣いをやりくりして行ってきました。
行きも帰りも夜行バスという強行軍でしたが、そこまでしていく価値のあるワークショップだったと思っています。

ワークショップは座学、実践、振り返りの3つに区切られていて、
その日1日でストリートスナップの世界を体験できる構成となっていました。
最初の座学では、VoidTokyoのメンバーから、写真とどう向かい合っているか、何を目指しているか、ストリート写真を取り巻く環境からカメラの設定まで、事前に質問させていただいた事に対する回答も含め、丁寧にメンバーの皆さんからのお話をいただきました。
個人的には思想や哲学の部分を聞けたのが本当に嬉しかったです。
勉強になることばかりだったよ。本当に。

座学が終わった後は実践です。
渋谷にて、ストリートスナップの撮影を行いました。
渋谷の交差点はすごいです。めっちゃ人がいます。そして、カメラを持って撮影を行う人もたくさんいます。
ああ、ここは世界で一番人が密集している観光地なんだな、と。
土地勘がまったく無い場所なので、VoidTokyoのメンバーについて行かないと迷うぞ。。。
ということで、メンバーの鈴木さん、山下さんと一緒に撮影をさせていただきました。
お二人の撮影の様子を見たり、自分の撮った写真を見ていただいたり、
贅沢な時間を過ごすことができました。
ちょうど西日がビルの間から入ってきたり、ビルに反射されたりで、
街の光が綺麗で面白い状態になっていました。
このあたり、やっぱ夕陽って綺麗なんだなと思いました。

実践の後は振り返りです。
VoidTokyoのメンバーから撮影した写真に対してコメントをもらいます。
私へのコメントは、ワークショップの会場ではなく、居酒屋でいただきました。
写真のどの部分を見るのか、レビューのリズム感など、こちらも新鮮。
写真の強さというか、刺さるところを的確に見ているコメントをいただきました。

なんだかんだ20時くらいには解散し、私は夜行バス乗り場へ。
24時頃に出発するバスに予約をしていたので、
スナップ熱が冷めやらない私は東京駅周辺をスナップしていました。
やっぱり、東京はどこを撮っても絵になるな〜、と。
名古屋でもこういう写真撮れるのかな〜、どうかな〜と考えてみたり。
出発直前まで自分の撮った写真を何度も眺めて、今日の話を反芻しておりました。

今、振り返ってみると、1日以上ずーっと写真のことを考えて過ごしていたのは久々でした。
自分が撮ってこなかった新しいジャンルの写真は、
新しい価値観であり新しい世界観であるということを再認識しました。やはり楽しい。

家に帰ってからは現像です。
カラーでいくか、モノクロでいくか。
色味やコントラストの調整、構図の調整。
何を撮ったのか、どう伝えるのか。
すごーく時間をかけて、進めていきました。

このワークショップで撮影した写真は、
僭越ではありますが、「Colors, Faces, Eyes」というbookにまとめました。
私と実際にお会いした方々にのみ公開するようにしています。
一部写真のみSNSへ公開しておりますが、
プロモーションのための断片的な写真では伝わらない、
東京の渋谷を収めた(つもり)のbookになっておりますので、
私と会った方は「見たい」とお声がけ頂けますと嬉しいです。

作成したbookです。増刷予定はありません。

このブログを執筆してる5月現在は名古屋でもストリートスナップの撮影を行なっております。

渋谷とはまた違った環境で、試行錯誤しながら撮影を続けております。めっちゃ疲れます(笑

撮影した写真は、その特性上SNSへの公開はせずにbookまたは展示にて公開します。流れていってしまうSNSではなく、実際に観て、感じることのできる作品が自然と出来上がるので、そこも楽しいです。

今後はある特定の人にフォーカスした写真の作り込みも行いたいと思っているので、モデルになっていただきたい方、こちらからお声がげしておりますので、
その際はご対応のほどよろしくお願いいたします。
また、モデルになってもいいよ、モデルしてみたいという方はお声がけいただけますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。